いつもご利用ありがとうございます。

毎年20,000人前後の方にご利用頂いております。

これからもよろしくお願い申し上げます。

主宰 オフィスハマノ代表 濱野

Go To トラベル キャンペーン特別企画!

金函玉鏡とは?
吉方位へ移動し、運気を呼び込む方位術

金函玉鏡とは、中国から伝わった方位術で、日家奇門とも呼ばれ、吉方位取りをしたい日の干支と陰陽を判断要素とし、吉方位と2時間ごとの吉凶(出発時間の吉凶)を割り出します。

そのあとは、金函玉鏡日盤から吉方位と出発に最適な時間を探し、自宅から出発します。当サイトでは、招福・開運などの運気アップ全般に吉方位を利用して、より良い人生を送れるよう、お手伝いができればと思います!

人により、効果の度合い・訪れる時期も異なります。 個人のバイオリズムにも影響を受けますし、普段の生活や行動、環境等にも左右されます。

徒歩や乗り物で吉方位に移動し、楽しみながら素晴らしい人生を送りましょう!

金函玉鏡の利用説明
出発時間、方位は間違わないように!

無料作盤・開運吉方位取りのページにある、日干支表で、利用当日の日干支と陰陽を調べ、作盤フォームの日干支と陰陽を選択します。あとは作盤開始ボタンを押して、日盤を表示させます。

金函玉鏡日盤の見方は下の画像に記しています。

例えば、以下のような日盤の日には、北東・北・北西方向のいずれかに目的地を設定し、23時~1時または1時~3時に出発すれば、金運、財運アップの良い方位取りになるかと思います。

利用説明図
利用説明図2

金函玉鏡を活用するにあたり、使用する時間と方位について簡単に説明します。
時間は標準時ではなく、自然時を使用します。
明石市の東経135度を標準時とし、現時刻より西はマイナス、東はプラスして時刻を割り出します。

スマホのコンパスには東経が表示されますので、135度を基準に、測定場所が131度の場合は、マイナス4度となり、1度4分として計算しますので、標準時よりマイナス16分となります。
標準時が12時とすると、西日本のある場所では、11時44分になります。

均時差を加味しますと、より正確に時刻を割り出せます。

均時差とは、地球が太陽の周りを24時間かけて1周しますが、実際には季節により、早くなったり、遅くなったりしています。それは、太陽を回る軌道が、真円ではなく楕円になっているからで、太陽から遠いときは動きが遅くなり、近いときは早くなります。

以下は季節による均時差。おおよその時差になります。

均時差表

方位につきましては真北を使用します。
地図上で表示される北です。
方位磁針で示される北は真北とはズレ(磁気偏角)がありますので使用しません。

時盤や方角の境界付近は、吉凶が入り交じり効果が薄れることもありますので、できるだけ、出発時間でいうと偶数時間の前後、移動の方角でいうと方角の境界線から離れたところに設定すると確実性が増します。



開運作盤・開運吉方位取り


お支払い方法


プライバシーポリシー
プライバシーポリシーをお読みになり、同意された場合のみ、会員登録へお進みください。


作盤開始ボタンで一発作盤!

目的地は、一刻(2時間)で移動できる場所を設定。

一番即効性のある方位取りは徒歩です。
出発地点(自宅)から2時間で移動できる距離(8~10km)に目的地を設定します。
その間の休憩時間は、せいぜい5~10分です。

徒歩以外の交通手段を使う場合も、一刻(2時間)で移動可能な場所に目的地を設定します。
金函玉鏡では、”最も高速でかつ移動距離の長い乗り物で2時間移動する”が最適とされています。一般に該当するのは飛行機か新幹線になります。
もちろん、自動車・バス・自転車・電車等も。

実際には交通事情などで、早く着いたり遅く着いたりする事もありますが、最初に設定した、2時間で行ける目的地なら、特に問題はないと考えられています。

出発時間は、飛行機なら空港を飛び立つ時間になります。

現地での滞在時間に関しましても、一刻(2時間)が原則です。
時間とお金に余裕のある方は、1泊してもかまいません。
現地ではゆっくり温泉に入ったり、地のものを食したり、飲んだり、良いことが間違いなく訪れるという気持ちで過ごしてください。

■利用法:月別の干支表で、占いたい日の干支を調べます。あとは、月干と月支と陰または陽を選択し、作盤開始ボタンを押すだけです。

■選択フォームを月干と月支に分け、月干支を入力しやすく変更しました。

■本日の干支が辛巳としたら、開運作盤フォームの月干が辛、月支が巳となります。


金函玉鏡 2020年2月の干支表


■日干支(pdf)■2020年7月1日~2020年12月31日分



部屋に飾って、毎日眺めるだけで運気アップ!


金函玉鏡の情報が手に入るのは、ほぼこの本だけ!
お問い合せフォーム

    MENU